1. >
  2. 中学、高校の青春時代

エントリー一覧

中学、高校の青春時代

中学、高校時代にニキビに悩まされた時期があります。男のくせに洗顔ブラシで一生懸命顔を洗い、毎晩寝る前のニキビ薬を塗ってから寝ていた思い出があります。そんなに症状が激しかったわけでありませんが、特に鼻とその周りそしてほほの肌の毛穴が広がって、表面に無数のごく小さな穴が開いたような状態になっていました。ちょうどミカンの皮の表面のようになっていたと言えば分りやすいと思います。ニキビのできない友達を見ると、俺もツルツルの肌になりたいと憧れたものです。でもそれもいい思い出というか、年を重ねるうちに自然と肌はもとにもどり、ほとんど気にならなくなりました。

ニキビの手入れをサボったつけのようなもの、そして一生消えない

中学、高校生の頃に頬にニキビがポツポツ。

お化粧している同級生もほとんどいないのもあり、お肌への関心はそれほどではありませんでした。

ニキビはそのうち治ると思っていました。

思っていた通り、ニキビは消えましたが、大学生になると突然美肌志向になったわたし。

一生懸命、美肌作りに励み、肌の綺麗さをよく誉められるようになりました。

その時から、うっすらとニキビ跡のシミがありましたが、美白化粧品で消えると思っていました。

でも、加齢とともに跡は濃くなっているような。。。

高価な美白化粧品は手が届かず、手頃なものを使うものの、効果を感じたことはありません。

見た目が悪い 不潔に見える 肌が油っぽい 不規則な生活のせいで出来やすくなる 

初めて出来たのは小学4年生の頃です。

出来た場所はオデコでパッとみ分からないところなので少し大きくなってきた段階で気がつき、ニキビだと理解しました。

姉に出して貰いそのニキビとはおさらばを。姉もその頃はちょっとはあったので後は自分でケアをしてと言われました。

ケアしても三日坊主の私は放置することが度々あり、仕舞いには小さいニキビがオデコにポツポツと。

頬にも転移し始め、出すのが面倒で手でぽりぽり掻いてニキビのことを適当にあしらっていました。

暫くして鏡を見たら、ニキビ跡が酷くなり綺麗だった肌が赤いぶつぶつで広まっていました。

流石にこれは何とかしないとと思い、三日坊主にならないよう風呂上がりや朝の洗顔後のケアをするようにしました。

お陰で少しは良くなったものの、思春期が一番出来やすいので、ニキビとの闘いも長期戦となりました。

今でも多少はあるものの、ニキビ跡を放置するのは適切な処置ではないのできちんと何かしらの対応をしないと行けないということを学びました。

見た目が汚い不潔な印象を与えていないか心配、なかなか消えないが消えるのか不安

成長期ではないので、ホルモンバランスが悪くて

ニキビができるようなことはなくなりましたが

毎晩、カミソリで髭を剃ると、翌朝にアゴ先あたりや首元にニキビができます。

わかってはいるのですが、日中ニキビを触ってしまったり、

晩の髭剃りで当たってしまったりして、ニキビが赤黒くなり

ニキビ跡が残ってしまいます。

男なので、継続的なスキンケアはしていませんが

薬局のポップや雑誌の特集などでシェービング後の手入れの仕方や

効果のあるスキンケア商品を見ると、やってみようと思い購入してしまいます。

購入後、1週刊くらいは続くのですが、夜眠ければサボり、朝忙しいとサボり

長続きしません。

洗顔は朝晩するので、洗顔フォームでニキビ跡をケアできるものがあるといいなと思います。

メニュー